ism(イズム) 第二回「ECサイト4モデル」 セミナーレポート

さる7月3日(東京)・7月10日(大阪)に、ismセミナー第二回「ECサイト4モデル」が開催されました。
両日とも大勢の方々にお集まりいただき、午前のセミナー、そして午後のワークショップでも、活発な議論がかわされていました。

ism第二回大阪会場セミナー

Part.1   セミナー

SEMの限界・コンテンツマーケティングの重要性

前半は座学にて、「ECサイト4モデル」や、お客様の要求のレベルに合わせて購買に導く「ガイドコンテンツ」、「コンテンツマーケティング」などの概念について学んでいただきました。

※「ECサイト4モデル」とは、「ニーズ」と「ウォンツ」(お客様の要求の具体性や度合い)、「多品」「単品」(取り扱い商材数)の組み合わせにより、ECサイトのタイプを4分類したモデルです。それぞれのモデルごとにとるべき対策が異なります。

ism第二回会場風景

最近はSNSなど、流入元が多様化してきたこともあり、SEM(サーチエンジンマーケティング)の効果が下降傾向にあるという「SEMの限界!?」についても語られました。今後はデバイスやメディアなどの、外部環境に左右されないサイトの"中身=コンテンツ"の価値・重要性がますます増していくことになりそうです。

また、ネットだけではなく、リアル環境も考慮に入れた、全体的な対策もますます必要になって行きそうです。

東京会場では…
ニーズからウォンツへお客様の欲求が変化することを解説。それに合わせたコンテンツ制作の重要性をネットに限らずリアルも含めた総合的なアクセス対策、リピート対策としてお話しました。しかし、お伝えしたい内容が多かった上に、更には第一回ismセミナーの戦略、3Cを踏まえたコンテンツを作ることの重要も合わせて理解するには少々内容を詰め込み過ぎだったかもしれません。

大阪会場では…
「ニーズとウォンツ」「SEMの限界」の現状把握。環境変化が起きているからこそ、多角的にユーザーに働きかけるためのコンテンツマーケティングの重要性と3Cとの関係を 東京会場と内容は同じですが構成を変更して講義させて頂きました。

Part.2   ワークショップ

実際のコンテンツを考える

セミナーの内容をふまえ、午後のワークショップでは、グループごとに ism第一回「戦略とマーケティング」 で考えていただいたそれぞれのサイトの「3C(Customer=顧客・Company=自社・Competitor=競合)」を改めて確認、お客様へ提供する新たなコンテンツを考え、またそれをどのように伝えていくかを話し合っていただきました。

グループによりテーマの納得度や進捗具合が異なり、苦戦されているチームもあるようでしたが、2時間ほどじっくり話し合っていただきました。

ism第二回セミナー・ワークショップ

東京会場では…
ワークショップではサンプルサイトのコンテンツを考えました。サイトを運営しているとどうしてもお客様との知識に差が出てしまします。自分にとっての常識はお客様にとっては知らない事。という気付きをワークショップを通して実感された方が多かったようです。コンテンツを作るにもお客様理解が重要なんです。

大阪会場では…
お客様と専門家の知識の差を感じていただく事と合わせて、コンテンツ作りが3Cと密接に関係していることを認識していただくために、ワークショップに入る前に、サンプルサイトの方に前回のセミナーを受けて決めた3Cを発表していただきました。ワークショップは3Cを確認、「お客様は誰か」を共有していたので、コンテンツの議論がし易かったようです。やっぱり3Cを認識することは重要ですね。

最後には各グループからのまとめと経過発表。次回・第三回までに、今回考えていただいた改善案を可能な限りお試しいただき、次回の内容につなげていただく予定です。

参加者の声
東京
・「お客様視点で見る、ということがどういうことか体感できました。」
・「商材ごとにニーズ・ウォンツは決まっていると思っていたが、お客様によるのだと理解できました。」
・「お客様の成長に合わせたコンテンツ設計の考え方はおもしろいですね。」
・「ユーザーの成長段階に合わせた接客が具体的になりました。」

大阪
・「10年後は通用しないからこそ、今やるべきことを考えます。」
・「3C分析をベースにして他に応用するという意識が深まりました。」
・「検索マーケティングに力を入れる方法は今後ダメになるという理由がよくわかりました。」
・「コンテンツ重視の必要性が、SEO以外にも、デバイスの環境の変化にも関係しているということがわかりました。」

前回のismセミナーの「戦略とマーケティング」の戦略、3Cは簡単に決まるものではなく、 一見サイトの改善には関わらないように見えるため、受講された会員の皆様を見ていても取り組み方に温度差があったように感じました。

しかし、今回のismを受けて、サイトをはじめ、お客様が見るコンテンツは戦略、3Cを土台に作ることが重要だと認識したとの感想を何人もの方にいただき、セミナー後、戦略、3Cの質問を改めていただきました。

第一回、第二回が終わったところで、ismはバラバラの内容を講義するのではなく、1年間を通した積み上げ式のプログラムであることを実感いただけたかと思います。ismの内容は事業やECをする限り考え続けなくてはいけない内容です。より本質的な内容をわかりやすく皆様に伝えるために、今後のセミナーもよいものになるよう準備したいと思います。

ism第一回「戦略とマーケティング」セミナーレポート
ism第三回「SEOとリスティング広告」セミナーレポート
ism第四回「ECサイトの設計と制作 」セミナーレポート

次回・ism第四回「ECサイトの設計と制作」は、東京・11月6日(水)、大阪・11月13日(水)開催予定です。

ism 関連情報
ism 詳細・会員登録 は≫ こちら から
ism 第四回「ECサイトの設計と制作」 詳細・参加お申し込み(ism非会員様用)は≫ こちら から

▲  ページトップへ